家づくりの超基本的な流れとは?

家は一生に1度の大きな買い物ですので、妥協をして後で後悔するようなことは避けたいものです。

住宅を建てるには、沢山の工程を経て作り上げていくものですが、まず一番最初に決めることは家を建てるための予算を決めることです。どの程度の規模の住宅を建てるのかをまず決めないと、住宅ローンを組むことができません。

次いで建てるべき土地がない方は、土地探しも同時進行で決めていきます。土地購入をする前に自分の理想とする家を建てられるのか、環境と価格が釣り合ったものであるかどうか、よくチェックしてから購入し、売買契約を交わしてから所有権移転登録をしてから、ようやく住宅ローンに申し込むことになります。

そしていよいよ住宅会社や工務店を探すことになりますが、住宅展示場へ見学へ行ってみたり、自宅を建てた友人・知人の家で訪問するのも良いかと思います。最近ではインターネットで手軽に検索することができますので、大手から中小の住宅会社の中から選び出します。

今後プラン作成や自分の希望を伝え、細かい希望を伝えます。その後最終的なプラン提出ののち、仮契約から地盤検査、詳細見積もりの後、ようやく本契約を結び住宅ローンの審査に通過・建築確認申請提出、地鎮祭を経て建築に取り掛かることになります。

考えただけでも時間のかかる作業ですが、しっかとした住宅を建てるために取り組んでく必要があります。