省エネ生活を実現して地球にも優しい断熱住宅

断熱住宅とは、断熱材を壁や床、天井などに使っている住宅のことです。多くは、断熱だけでなく、気密性も高めています。断熱という目的を実現するうえで、気密性が深く関わるためです。

断熱材を住宅の壁や床、天井などに使うと、家の中の空気と外の空気をしっかりと分けることができます。家の内側と外側の環境を分けることで、熱の伝わり方を少なくするのが、断熱材を使用する目的です。熱が外から伝わりにくくなれば、夏は暑さを遮って、室内を涼しい空気が循環します。熱が外へ伝わりにくくすれば、冬は寒さを遮って、室内を暖かい空気が循環します。

そのような空気の循環を助けるうえで、家の隙間をできるだけ無くすことが大切になります。気密性の問題です。断熱や気密の性能を判断する際に通常用いられるのが、1999年に告示された「次世代省エネルギー基準」です。次世代省エネルギー基準以上の断熱気密レベルを満たしているかどうかが、高断熱高気密住宅の一つの目安になります。

断熱住宅は、暑さや寒さのストレスからフリーになって快適に過ごせる住宅です。冷暖房に必要以上に頼らなくても快適に暮らせるのが、断熱住宅です。普通に住んでいれば、省エネルギーになるのが、断熱住宅です。無理せずに省エネを実現する住宅が断熱住宅です。

暖房のために二酸化炭素を排出することも減りますので、温暖化の問題も解消できる、地球に優しい住まいでもあります。人にも地球にも優しいのが、断熱住宅です。

新築住宅を建てるにあたって高気密高断熱の重視をしても、間取りによってはその効果を感じられなくなってしまうこともあります。

家族がたくさんいる場合には、個別の空調などの方が個々の体感温度によってもエアコンの温度設定を変えることができるので非常に良いのですが、我が家の場合には家族が少ないために、家全体の温度を一台のエアコンを使い冷房をすることに決めていたのです。

一台だけのエアコンを使って良い部分は、遠い場所から来る冷房の風なので冷えを強く感じすぎないということもありますし、家全体の温度が一定になるということは、夏型結露なども起こしにくくなるメリットがあるのです。ただ、一台のエアコンで家全体の冷房を効かせる為には、間取りに工夫する必要性があります。

必要な場所に吹き抜けを作り、それぞれの部屋に内窓をつくったり、ドア部分のスリットなどはすべて配置したりします。このことにより、一台のエアコンでも充分に冷房が行き渡るようになりますので、快適な住まいになると思います。
<特別サポート>生命保険の選び方|内職|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の口コミ.COM|ページランク|JALカード|GetMoney|お小遣いNET|貯蓄|サイドビジネス|アフィリエイト相互リンク|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|